/

「自由や民主主義消えた」台湾首相ら批判 香港返還25年

英国から中国への香港返還が1日で25年を迎えたことに合わせ、各国・地域からは香港における言論弾圧など統制強化を危惧する声が相次いだ。ロイター通信によると、台湾の蘇貞昌行政院長(首相)は1日、香港から「自由や民主主義は消滅した」との見解を示した。中国が1997年の返還時に約束した香港に高度な自治を認める「一国二制度」を守っていないと批判した。

蘇氏は台北で記者団に対して、返還後も香港の生活は変わらないとした約束が破られたと述べ、「過去に50年は不変の約束と言ったはずなのに、まだ25年しかたっていない」と中国を批判した。そのうえで「中国の一国二制度は検証に堪えない」と主張した。

ジョンソン英首相は6月30日、ツイッターに「香港を諦めない」とのビデオメッセージを投稿した。中国への返還時に約束した一国二制度が守られていないとし、香港の市民の自由や権利が脅かされていると主張した。「香港が香港の人のもとに戻るために全力を尽くす」と述べた。

ブリンケン米国務長官は30日の声明で、香港国家安全維持法が2020年に施行されると民主活動家が逮捕されたり、独立メディアへの監視が強まったりしたと指摘。「(一国二制度のもとで)香港の人々に約束されたものを奪うものだ」と言及した。香港が自由を取り戻すために「我々は香港の人々と連帯していく」とも強調した。

オーストラリアのウォン外相も30日、同法で「(香港の)権利、自由、自治が侵害され続けていることを深く懸念する」との声明を出した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン