/

この記事は会員限定です

外貨不足のスリランカ、IMF融資が頼みの綱 中銀総裁

[有料会員限定]

外貨不足に陥っているスリランカが外貨準備の引き上げを模索している。中央銀行のナンダラル・ウィーラシンハ総裁は、外貨準備高を立て直す一歩として国際通貨基金(IMF)からの救済融資への期待を示した。

同国は9月初旬にIMFと事務レベルで29億ドル(約4000億円)の融資で合意したが、実行に必要な理事会の承認は下りていない。総裁はNikkei Asiaとのインタビューで「理事会が認めて支払いが始まれば...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り628文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません