/

デンマーク当局が米協力か メルケル氏らへのスパイ活動

ドイツのメルケル首相へのスパイ活動についてデンマーク当局の関与が疑われている=ロイター

【ロンドン=共同】デンマークの地元メディアなどは31日までに、米国の国家安全保障局(NSA)が2012~14年にデンマーク情報当局の協力の下、ドイツのメルケル首相らへのスパイ活動を行っていたと伝えた。

NSAによるスパイ活動は、米中央情報局(CIA)元職員スノーデン容疑者が13年に暴露。ロイター通信などによると、これを受け14~15年、デンマーク当局がNSAとの協力関係における役割について内部調査を実施した。

デンマークメディアは9人の関係筋の話を基に、NSAがデンマークのインターネット通信網を使い、メルケル氏や当時のドイツ外相、スウェーデンやノルウェー、フランスの政府高官らにスパイ活動をしていたと報じた。

ロイターによると、米国と緊密な関係にあるデンマークには英国、ドイツ、オランダ、スウェーデン、ノルウェーとの間を結ぶネット通信用の海底ケーブルの地上局がある。デンマーク政府が情報当局によるスパイ活動への協力を許可していたかどうかは不明。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン