/

この記事は会員限定です

新興・途上国で収穫減 原料7割高で肥料不足 侵攻響く

[有料会員限定]

農業の生産性向上に欠かせない化学肥料の価格が高騰している。ロシアとベラルーシが生産に欠かせない原料の4割を世界市場で握るが、両国はロシアのウクライナ侵攻を巡る制裁で輸出に支障が生じているためだ。アジアやアフリカの新興国や発展途上国では輸入が滞り、収穫量が減る見通し。食料価格の高止まりにつながりかねない。

化学肥料には窒素、リン酸、カリウムの三要素が欠かせない。ロシアとベラルーシは侵攻前、カリウム...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1032文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

ウクライナ侵攻

2022年2月、ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません