/

この記事は会員限定です

[FT]首相逮捕のバージン諸島、英国の直接統治を拒否

[有料会員限定]

カリブ海のタックスヘイブン(租税回避地)英領バージン諸島のウィートリー首相代行は英政府による直接統治の再導入を「受け入れられない」と拒否した。島の汚職と失政に関する英国の公式調査の勧告をめぐって英国と対立している。

調査報告は4月29日に公表された。バージン諸島の統治に「おぞましい」不備があり、深刻な汚職が起きた「高い可能性」があると結論づけた。「重苦しい気持ちで出された」勧告の柱は、現地の憲法...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1709文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン