/

ワクチン世界接種113億回分、年内に確保 偏在解消課題

民間推計

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
ワクチンメーカーは増産を急いでいる(ベルギーにあるファイザーのワクチン工場)=ファイザー提供・AP

新型コロナウイルスのワクチンの累計生産量が2021年末までに120億回分を超え、世界で必要な数を上回る水準に達することが英調査会社が7日までにまとめた報告書で分かった。増産が進み、年末までに先進国で10億回分を超えるワクチンが余る恐れがある。途上国で接種の遅れが続くなか、余剰ワクチンの効率的な分配が課題となる。

英医療調査会社エアフィニティが米国、英国、欧州連合(EU)、カナダ、日本での接種状況などを踏まえて推計をまとめた。

12歳以上の人口の8割に接種を進め、接種の完了から6カ月後に全員に追加接種(ブースター接種)を実施すると仮定した。大手製薬会社でつくる国際製薬団体連合会(IFPMA)も推計を支持しているという。

報告書によると、世界で生産されたワクチンは8月までに61億回分。生産ペースは現時点で月15億回分で、22年に月20億回分に拡大すると予測した。21年末までに累計122億回分(欧米産65億、中国産57億)が生産される計算になる。世界の人口のうち、12歳以上の8割が接種を完了するのに必要な113億回分を上回る水準に達すると指摘した。

先進国を中心に接種は加速している。英オックスフォード大の研究者らでつくる「アワー・ワールド・イン・データ」によると、世界の総接種回数はこれまでに約55億回で、足元では月10億回のペースで増えている。

報告書では先進国ですでに3億回分を超える余剰ワクチンが生じていると指摘した。21年末までに12億回分を超え、このうち10億回分が途上国など他国へ寄付されないまま余る可能性があるという。日本がブースター接種を導入した場合でも、10月から余剰ワクチンが発生するとみている。

ワクチンの生産量が増えても、供給を巡る先進国と途上国の格差の解消は課題として残る。主要7カ国(G7)とEUはワクチンを公平分配する国際的な枠組み「コバックス」などを通じて途上国に10億回分以上を供給すると表明したが、実際に提供されたのはこのうち約15%にとどまる。

ワクチン供給の「目詰まり」の解消が急務となっている。各国で無駄なワクチンが出るのを避けるため、国家間の融通、保管や輸送インフラ、予約システムの整備など、生産体制の拡充を見据えた現場の効率向上も今後の焦点となりそうだ。

「接種8割」世界戦略が必須

新型コロナウイルスワクチンの世界生産が、世界の12歳以上人口の8割をカバーできるようになっても、途上国のワクチン不足は当面続きそうだ。途上国での流行が続き、感染力の強い変異ウイルスの出現が繰り返されれば、新型コロナの収束は遠のく。先進国の抱える余剰分の分配など、世界的なワクチン戦略が必須となる。

「差し迫る需要に見合うだけのワクチンを供給していかねばならない」。6日、ローマで閉幕した20カ国・地域(G20)保健相会合が採択した共同宣言は多国間協調の重要性を強調した。だが、表向きの協調姿勢とは裏腹に、ワクチンを公平分配する国際枠組み「コバックス」への米欧日などの拠出は、約束した水準の10%程度にとどまる。

英オックスフォード大の研究者らでつくるサイト「アワー・ワールド・イン・データ」によると、アフリカのワクチン接種完了者は人口の3%程度しかいない。途上国での感染拡大を放置すれば、新たな変異ウイルスが生まれ、先進国を含む世界に拡散し新型コロナの収束が遅れるリスクが高まる。

先進国がワクチンの拠出を渋る一因となっているのが、3回目の追加接種(ブースター接種)だ。接種完了から時間の経過でワクチンの予防効果が低下。感染力の強いインド型(デルタ型)の流行に直面し、イスラエルのほか、米国や独仏などが相次いで導入に動いた。

世界保健機関(WHO)は途上国でのワクチン普及を優先させるべきだとしてブースター接種を批判している。今後、先進国が4回目、5回目と定期的な接種を決めれば、世界のワクチン需給が緩むとのシナリオは見直しを余儀なくされる。

中国製ワクチンの有効性への疑念も壁となる。南米チリやインド洋の島国セーシェルのように中国製ワクチンを積極活用した国では、接種完了率が高まっても高水準の新規感染が続いたケースが目立った。

英医療調査会社エアフィニティの集計では、各国が確保済みのワクチンのうち約4割が、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)や中国医薬集団(シノファーム)など中国製だ。チリやタイなどは中国製ワクチンの接種完了者を対象に欧米製ワクチンの追加接種を実施している。

エアフィニティによると、中国製を除いたワクチンの累計生産量が世界の12歳以上人口の8割をカバーできる水準に達するのは2022年4月以降で、生産トラブルなどが起きれば遅れは避けられない。(竹内弘文)

日本、確保のアストラ製大半が余剰になる可能性

日本では、9月6日時点でワクチンを少なくとも1回接種した人は7600万人、人口の60%がワクチンを接種したと推計されている。日本でも今後、ワクチンの供給が進み余剰在庫が出るとの予測が出ているが、足元の在庫は決して潤沢ではない。

政府は米ファイザーから21年中に1億9400万回分、米モデルナから同5000万回分のワクチン供給を受ける契約を締結しており、数字上は全国民分をカバーできる。しかし1回の航空便で輸送されるワクチンの数量には限りがあり、全量が届くまでには時間がかかる。

政府はアストラゼネカからも1億2000万回分のワクチン供給を受ける契約を結び5月に承認したが、血栓など副作用の報告があったため使用を見合わせてきた。デルタ型の流行が進んだため、8月末から接種を認めたが、原則40歳以上など接種対象の制限もあり、確保したワクチンの大部分が余剰在庫になる可能性も指摘されている。(先端医療エディター 高田倫志)

新型コロナ特集ページへ

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン