/

この記事は会員限定です

長期ビジョン、日中の差 視界不良の「超骨太」構想

[有料会員限定]

中国の官僚や学者ら知識人と話すと、長期的な思考を好む傾向が日本人より強いと感じる。古典をひもとくと「長久之計(ちょうきゅうのけい)」などの成語が出てくる。長い目で物事を考えるやり方をたたき込まれている。

「第2の100年目標を実現する新たな道へ踏み出した」。1日、中国共産党の習近平(シー・ジンピン)総書記は党創立100年を祝う演説で宣言した。

中国は2つの100年目標がある。結党100年の2021...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1216文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン