/

この記事は会員限定です

国際線需要、米欧で7割回復 渡航条件緩和進む

アジアは3割届かず

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

米国や欧州で国際線需要の回復が鮮明になっている。米欧を目的地とする国際線の提供座席数は12月に新型コロナウイルスの影響がなかった2019年の7割の水準まで戻る見通しだ。ワクチン接種率の向上に伴う渡航制限の緩和が国境を越えた往来を後押ししている。一方でアジア行き路線の提供座席数は3割に届かず、明暗が分かれている。

世界全体の国際線の提供座席予定数は今年春ごろから持ち直し傾向にある。英航空情報会社のO...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1484文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン