/

この記事は会員限定です

万歳三唱が映す惰性 慣例打ち破るすべを問う

[有料会員限定]

永田町の不思議な光景の一つだろう。衆院解散で恒例の万歳である。

「日本国憲法第7条により衆院を解散する」。14日、衆院議長の大島理森氏が解散詔書を読み上げると、本会議場に「バンザーイ」を三唱する声が響いた。

記者席から眺めていた。これまでの解散時と比べて声は抑えられた感じがした。マスク越しの発声で、飛沫が散らないよう配慮した人もいたのではないか。隣の席との距離は近く「密」なのが気になる。

それでも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1163文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン