/

ROEとは 投資家が重視する指標「自己資本利益率」

▼ROE 「Return On Equity」の略語で、企業が株主から預かった資本をどのくらい効率的に使って稼いでいるかを示す。より少ない資本で多くの利益を稼けば稼ぐほどROEは高まる。株式投資家が重視する指標のひとつで、ROEが高まると、株価も上昇する傾向にある。

ROEの計算式は、純利益を自己資本で割って算出するほか、3要素に分解することもできる。売上高に対する利益の比率を示す売上高純利益率と、保有する資産の効率を示す総資産回転率、銀行などから借りた負債をどれだけうまく活用したかを示す財務レバレッジの3つをかけあわせる。

自社株買いを実施すると、実質的に発行済み株式数が減少し、自己資本が減少する。自社株買いや配当など株主還元を厚くするとROEが上がるのはこのためだ。一方、借入金の増加で財務レバレッジを高めてもROEは上がりやすい。ROE向上には、自社株買いや配当などの株主還元策だけでなく、負債を上手に活用した経営戦略も有効となる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン