/

この記事は会員限定です

コンテナ船輸送とは 国際海上輸送の主役

きょうのことば

[有料会員限定]

▼コンテナ船輸送 1950年代に登場し、60年代から国際海上輸送の主役になった。箱形のコンテナのまま港で積み下ろしができ、トラックの荷台にも載せられるため効率的に運搬できる。日本海事センターによると2020年の世界のコンテナ輸送量は1億5400万個(20フィート換算)。新型コロナウイルス禍の影響で前年比1.6%減だったが、この10年間では約3割増と増加傾向にある。

大陸間の航路でもっとも取扱量が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り311文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン