/

この記事は会員限定です

在宅増で家「格上げ」 転居の55%、間取り広く

チャートは語る

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの影響が長引く中、国内で引っ越し需要が増えている。転勤が減るのに引っ越しが増加するのは、在宅勤務で自宅により広いスペースを確保したいと考える人が多いためだ。日本の住環境は欧米に比べ狭い点が指摘されてきた。これを改善する「格上げ」需要が高まるが、住宅価格の上昇が壁になる恐れもある。

「物理的にも心理的にもつらくなってきたので……」。埼玉県川口市在住で東京都内の企業に勤める30代女性...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1427文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

チャートは語る

日本経済新聞社はデータ分析を強化します。「チャートは語る」では様々なデータの分析で経済や市場、企業などの潮流を浮き彫りにします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

速報

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン