/

この記事は会員限定です

Apple、アジアで納期遅れ 供給制約で年末商戦響く

[有料会員限定]

10月初め、米アップルの製品を組み立てる中国の工場で例年とは異なる光景が広がっていた。年末の需要期に合わせて発売される最新のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」向けに24時間休む暇なく稼働するのが通例だが、今年は労働者に休暇が与えられた。部品の供給制約や中国の電力不足により、過去10年以上の間で初めてiPhoneなどの製品の組み立てが数日間停止したことが関係者の取材で分かった。

年間2億...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1453文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン