/

この記事は会員限定です

熱海土石流、3D分析で究明進む 「盛り土」を早期発見

専門家ら、オープンデータを活用

[有料会員限定]

静岡県熱海市で3日起きた大規模土石流では、政府や自治体が公開するオープンデータの活用が進んだ。発生後間もなく土砂災害の専門家らが現場の地形を3次元(3D)で分析し、被害拡大の原因として「盛り土」の存在を指摘した。静岡県が精緻な地形データを公開していたことが分析を容易にした。自然災害が増加するなか、防災に役立つデータの整備が一段と求められている。

3日午前10時50分ごろ、静岡県でICT(情報通信技...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1079文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン