/

この記事は会員限定です

キャンプ、冬場とソロに照準 北海道は2年で30施設開業

データで読む地域再生

[有料会員限定]
【この記事のポイント】
・キャンプにはコロナ下でも堅調に人が集まる
・「ソロ」や「冬」など楽しみ方が多様化している
・キャンプ場の新規開業が相次ぎ、経済効果に期待

ファミリーレジャーの代表格、キャンプの楽しみ方が広がってきた。全国最多のキャンプ場がある北海道では厳しい寒さを逆手に冬キャンプで観光客減少の下支えを狙う。一人で楽しむ人も増加傾向にある。自治体はありのままの自然を「資源」として観光の裾野拡大を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1313文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

データで読む地域再生

「データで読む地域再生」では、政府や自治体、民間の統計を日本経済新聞が独自に分析し、様々な課題の解決に取り組む地域の姿に迫ります。自治体や企業の取り組み事例も交え、人口減少や観光振興、ものづくりなど、様々なテーマを取り上げます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン