/

純利益とは 企業の最終的なもうけ、トータルの収益力

▼純利益 売り上げから製造や販売にかかった費用、税金などを差し引いた企業の最終的なもうけ。マイナスの場合は最終赤字となる。企業のトータルの収益力を示し、投資家が最も重視する。企業は純利益をもとに、配当などで株主に配分をする。

日本基準の場合、企業が開示する利益は大きく3段階に分かれる。売上高から原材料費や人件費、減価償却費などを引く営業利益は本業のもうけを示す。経常利益は営業利益から利息、金利など本業以外の損益を加味する。純利益は経常利益から一時的に発生した特別損益を足し引きし、利益に応じた法人税を払った残りになる。

各段階の利益の定義は会計基準ごとに異なる部分も多い。純利益は会計基準ごとのズレが小さく、企業の稼ぐ力の比較がしやすい。自己資本利益率(ROE)は純利益と自己資本を比較し、効率的に収益を上げられているかを計る。PER(株価収益率)は時価総額が純利益の何倍かを示しており、株価が割安か、割高かの判断につながる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン