/

ディープボンドは6枠12番 競馬の天皇賞・春枠順

第163回天皇賞・春(5月2日・阪神11R3200メートル芝17頭、G1)枠順が29日に決まり、前哨戦の阪神大賞典を勝ったディープボンドは⑥枠12番に入った。

昨年の菊花賞で三冠馬コントレイルに首差まで迫ったアリストテレスは①枠2番、一昨年の菊花賞馬ワールドプレミアは①枠1番、今回と同じ阪神3200メートルの松籟ステークスで勝ち星を挙げたディアスティマは③枠5番からスタートを切る。

▽第11R天皇賞(春)オープンG1・3200メートル(芝右・17頭)発走15:40、前日場外17:00

(1)1ワールドプレミア  58 福 永

(1)2アリストテレス   58 ルメール

(2)3カレンブーケドール 56 戸 崎

(2)4シロニイ      58 松 若

(3)5ディアスティマ   58 北村友

(3)6マカヒキ      58 藤岡康

(4)7ユーキャンスマイル 58 藤岡佑

(4)8ディバインフォース 58 武 豊

(5)9ジャコマル     58 横山和

(5)10ゴースト      58 鮫島駿

(6)11メイショウテンゲン 58 酒 井

(6)12ディープボンド   58 和田竜

(7)13ナムラドノヴァン  58 内 田

(7)14ウインマリリン   56 横山武

(8)15オセアグレイト   58 横山典

(8)16メロディーレーン  56 池 添

(8)17オーソリティ    58 川 田

※4番、5番はブリンカー装着馬

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン