/

ディープボンドは8枠18番 競馬の天皇賞・春枠順

第165回天皇賞・春(5月1日・阪神11R3200メートル芝18頭、G1)枠順が28日に決まり、このレースで昨年2着のディープボンドは⑧枠18番に入った。

昨年の菊花賞馬タイトルホルダーは⑧枠16番、4連勝中のテーオーロイヤルは④枠7番、長距離の重賞で2戦連続2着のアイアンバローズは①枠1番からのスタートとなる。

▽第11R天皇賞(春)オープンG1・3200メートル(芝右・18頭)発走15:40、前日場外17:00

(1)1アイアンバローズ  58 石 橋

(1)2ハーツイストワール 58 ルメール

(2)3ディバインフォース 58 田 辺

(2)4ユーキャンスマイル 58 藤岡佑

(3)5マカオンドール   58 松 山

(3)6メロディーレーン  56 岩田望

(4)7テーオーロイヤル  58 菱 田

(4)8クレッシェンドラヴ 58 内 田

(5)9ヒートオンビート  58 池 添

(5)10トーセンカンビーナ 58 藤岡康

(6)11マイネルファンロン 58 松 岡

(6)12ハヤヤッコ     58 武 豊

(7)13ロバートソンキー  58 伊 藤

(7)14ヴァルコス     58 三 浦

(7)15タガノディアマンテ 58  幸 

(8)16タイトルホルダー  58 横山和

(8)17シルヴァーソニック 58 川 田

(8)18ディープボンド   58 和田竜

※12番はブリンカー装着馬

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン