/

コントレイルは1枠2番 競馬のジャパンカップ枠順

第41回ジャパンカップ(28日・東京12R2400メートル芝18頭、G1)枠順が25日に決まり、昨年無敗でクラシック3冠を達成し、このレースを最後に引退するコントレイルは①枠2番に入った。

今年の日本ダービー馬シャフリヤールは②枠4番、オークス馬ユーバーレーベンは⑦枠14番、3年前の2着馬キセキは③枠5番、外国馬3頭の中で、今季最も成績のいいブルーム(アイルランド)は②枠3番からのスタートとなった。

▽第12Rジャパンカップ(国際招待)オープンG1・2400メートル(芝左・18頭)発走15:40、前日場外17:00

(1)1ムイトオブリガード 57 柴田善

(1)2コントレイル    57 福 永

(2)3ブルーム      57 ムーア

(2)4シャフリヤール   55 川 田

(3)5キセキ       57 和田竜

(3)6グランドグローリー 55 C・デムーロ

(4)7オーソリティ    57 ルメール

(4)8ウインドジャマー  57 北村宏

(5)9アリストテレス   57 横山武

(5)10ロードマイウェイ  57 三 浦

(6)11シャドウディーヴァ 55 横山典

(6)12サンレイポケット  57 鮫島駿

(7)13モズベッロ     57 池 添

(7)14ユーバーレーベン  53 M・デムーロ

(7)15マカヒキ      57 藤岡康

(8)16ユーキャンスマイル 57 藤岡佑

(8)17ワグネリアン    57 戸 崎

(8)18ジャパン      57 武 豊

※1番、8番はブリンカー装着馬

〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン