/

この記事は会員限定です

裁定取引の現物株売り残、6週ぶり増加 15日時点

[有料会員限定]

東京証券取引所が20日発表した1月15日時点の裁定取引に伴う現物株の売り残高(期近・期先合計)は6週ぶりに増加した。金額ベースで、前の週に比べて572億円多い1兆3715億円だった。

この週(12~15日)の日経平均株価は380円(1.35%)上昇した。バイデン次期米大統領による大規模な経済対策への期待で、14日には2万8698円と1990年8月3日以来およそ30年5カ月ぶりの高値を付けた。もっと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り254文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン