/

新興株19日 マザーズ20年5月以来の安値、ジャスダック昨年来安値

19日の新興企業向け株式市場で東証マザーズ指数は反落した。終値は前日比29.63ポイント(3.54%)安い807.92で終えた。昨年来安値を更新し、2020年5月以来およそ1年8カ月ぶりの安値となった。米国の金利上昇に対する警戒が強まり、割高感から高PER(株価収益率)の多いマザーズ銘柄に売りが出た。

市場からは「業績の上方修正など分かりやすい好材料が出ない限り、足元の流れで新興銘柄を積極的に買おうと考える個人投資家は少ない」(国内証券ストラテジスト)との声があった。メルカリやビジョナルJTOWERが下落した。半面、アンジェスエクサWizアイドマHDは上昇した。

日経ジャスダック平均株価は5日続落した。終値は前日比81円76銭(2.18%)安い3666円82銭だった。昨年来安値を更新し、20年12月以来の安値となる。ジャスダック市場の売買代金は概算で557億円、売買高は6174万株。フェローテクウエストHD田中化研が売られた。一方、マクドナルド出前館アミタHDは買われた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン