/

新興株19日 ジャスダック、マザーズともに続落 WACULは売買不成立

19日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は続落した。終値は前日比17円60銭(0.46%)安い3824円14銭だった。前日の米国市場でハイテク株が売られた流れが波及し、国内の新興市場では値がさ株の一角が軟調に推移した。

ジャスダック市場の売買代金は概算で655億円、売買高は2億9496万株だった。GMO-FHチエルアンビスHDなどが下落した。半面、フェローテク東洋合成シンバイオなどは上昇した。

東証マザーズ指数は続落した。終値は前日比7.24ポイント(0.57%)安い1265.43だった。AIins弁護士COMマネフォなどが下落した。半面、BASEメルカリフリーなどは上昇した。直近IPO(新規株式公開)銘柄のQDレーザとアクシージアは新興市場の売買代金ランキングでそれぞれ首位、2位をつけた。

きょう東証マザーズ市場に新規上場したWACULは買い気配のまま取引を終えた。気配値を公募・売り出し価格(公開価格、1050円)の2.3倍にあたる2415円に切り上げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン