/

新興株19日 ジャスダック続伸、マザーズ3日ぶり反落 メルカリやBASE売られる

19日の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は続伸した。終値は前日比13円56銭(0.36%)高い3791円63銭だった。米国の経済対策への期待から投資家心理が上向き、アサカ理研鉱研工業など景気敏感の要素が強い銘柄の一角に買いが入った。

ジャスダック市場の売買代金は概算で611億円、売買高は1億1861万株だった。マクドナルドユビテック不二精機が上昇した。半面、ウエストHD出前館ワークマンは下落した。

東証マザーズ指数は3営業日ぶりに反落した。終値は前日比0.59ポイント(0.05%)安い1235.92だった。メルカリやBASEなど指数寄与度の高い銘柄に売りが出て重荷となった。ラクスJIGSAWAIinsも下落した。

一方、マザーズ指数は朝方に一時1244.62まで上昇し、2020年12月3日以来およそ1カ月半ぶりの高値を付けた。東京都から自社で医療機器の開発や販売ができる製造販売業許可を取得したフロンテオが買われた。13時に「新型コロナウイルスのワクチン接種の管理にマイナンバーを活用すべきだ」との平井卓也デジタル改革相の発言が伝わると、ITbookにはマイナンバーの利用拡大への思惑から買いが入った。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン