/

新興株9日 ジャスダックとマザーズ反発 午後に見直し買い

9日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は3日ぶりに小幅に反発した。終値は前日比2円69銭(0.07%)高い3953円28銭だった。午後にかけて東証1部の主力銘柄が下げ渋り、投資家心理の悪化に歯止めがかかった。大引けにかけて新興企業株に見直し買いが入り、指数は上昇に転じた。

朝方から売りが優勢となる場面が多かった。世界景気の回復鈍化懸念で東証1部の主力銘柄が軟調に推移し、新興株に利益確定や換金を目的とした売りが広がった。

ジャスダック市場の売買代金は概算で670億円、売買高は9435万株だった。シンバイオウエストHDが上昇した。一方、マクドナルドワークマンは下げた。成長鈍化への懸念でドーンも売られた。

東証マザーズ指数は5営業日ぶりに反発。終値は9.22ポイント(0.80%)高い1168.30だった。マネフォと業務提携すると発表したツクルバは制限値幅の上限(ストップ高水準)まで買われた。米グーグルの日本での金融事業参入に関連し、メタップスにも買いが集中した。一方、BCCや日本電解など直近に新規株式公開(IPO)した銘柄には換金売りが出た。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン