/

新興株8日 マザーズ2%高、そーせいに買い ジャスダック続伸

8日の新興企業向け株式市場で東証マザーズ指数は続伸した。終値は前日比22.68ポイント(2.18%)高い1062.58だった。同指数が続伸するのは11月12~16日以来3週間ぶり。新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」の感染拡大への過度な懸念が後退し、7日の米株式相場が上昇した。これが投資家心理の支えになり、8日の新興市場でマザーズ銘柄の買いに波及した。個別に好材料が出た銘柄への買いも目立った。

新型コロナの飲み薬を開発するための助成金を得たと発表したそーせいが上昇した。提供するマーケティング支援システムに「ワクチン・検査パッケージ確認機能」を追加したと発表したシャノンも買われた。一方、エネチェンジGRCSは下落した。

日経ジャスダック平均株価は続伸した。終値は前日比28円75銭(0.74%)高い3934円61銭だった。ジャスダック市場の売買代金は概算で619億円、売買高は7526万株だった。

2021年5~10月期の連結純利益が前年同期比70%増になったと前日発表したナ・デックスが買われた。シーズメンも上昇した。半面、ウエストHDハーモニックは下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン