/

新興株8日 マザーズは5日ぶり反落、ジャスダックは続落 アンジェスがストップ安配分

(更新)

8日の新興企業向け株式市場で、東証マザーズ指数は5営業日ぶりに反落した。終値は前週末比27.55ポイント(2.39%)安い1124.77だった。マザーズ指数は前週末までに4日続伸して約1カ月ぶりの高値を付けていたことから主力銘柄を中心に幅広い銘柄に利益確定の売りが出た。半面、好決算など好材料の出た銘柄は買われて下値を支えた。

前週末に開発中の新型コロナウイルスワクチンについて「有効性で期待する効果が得られなかった」と発表したアンジェスは売り気配が続き、制限値幅の下限(ストップ安水準)である前週末比100円(19.7%)安の407円で配分された。メルカリJMDCが安かった。一方、アスタリスクやアドベンチャー、シャノンが高かった。

日経ジャスダック平均株価は続落した。終値は前週末比10円41銭(0.26%)安い3993円27銭だった。ジャスダック市場の売買代金は概算で527億円、売買高は6390万株だった。

東洋合成ワークマン出前館が下落した。半面、フルヤ金属田中化研オリコンは上昇した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン