/

新興株28日 ジャスダックは反落、マザーズ続落 クリングルは初値を19%下回る

28日の新興企業向け株式市場で、東証マザーズ指数は続落した。終値は前週末比0.25ポイント(0.02%)安い1161.87だった。国内外で新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかかっておらず相場の重荷となった。

市場では「10月以降、海外投資家の売りで株価の調整が続くなか、損を抱えた国内の個人投資家が買い持ち高を減らす動きが出ているようだ」(国内証券)との声が聞かれた。アンジェスそーせいなどの医薬品株の下落が目立った。ラクスやフリー、JMDCなどの時価総額の大きい銘柄も売られた。一方で、JIGSAWやJTOWERBASEが上昇した。

日経ジャスダック平均株価は反落した。終値は前週末比5円19銭(0.14%)安い3676円65銭だった。ジャスダック市場の売買代金は概算で748億円、売買高は1億546万株だった。マクドナルドワークマンハーモニックが上昇した。半面、出前館ウエストHD高度紙は下落した。

東証マザーズ市場にきょう新規上場したクリングルは10時34分に公開価格を48%上回る1480円で初値を付けた。終値は初値を277円(18.7%)下回る1203円だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン