/

新興株27日 マザーズ3日ぶり反落 ジャスダック3日続伸 サーキュの終値は3905円

27日の新興企業向け株式市場で、東証マザーズ指数は3営業日ぶりに反落した。終値は前日比5.12ポイント(0.45%)安い1136.92だった。時価総額の大きい銘柄に売りが目立った。市場では「出遅れ感のある東証1部の空運や陸運などの銘柄に個人投資家の資金が移った」(岩井コスモ証券の林卓郎投資情報センター長)との指摘があった。

アンジェスメドレーラキールが下落した。半面、大手証券がカバレッジを開始したウェルスナビが買われた。PアンチエイJTOWERも上昇した。

マザーズ市場にきょう新規上場したサーキュは12時33分に公開価格を77.1%上回る3205円で初値を付けた。終値は制限値幅の上限(ストップ高水準)にあたる初値比700円(21.8%)高の3905円だった。

日経ジャスダック平均株価は3日続伸した。終値は前日比10円5銭(0.25%)高い3995円01銭だった。ジャスダック市場の売買代金は概算で410億円、売買高は9701万株だった。ウエストHDマクドナルドプロルートが上昇した。半面、シンバイオフェローテクMipoxは下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン