/

新興株16日 ジャスダック・マザーズともに続落 IPO銘柄に資金流れる

16日の新興企業向け株式市場で、東証マザーズ指数は続落した。終値は前日比13.79ポイント(1.18%)安い1157.28だった。前日に決算発表のあった医薬関連銘柄を中心に売りが膨らんだ。市場では「新規株式公開(IPO)銘柄に資金が向かっている」との声もあり、指数の上値は重かった。再生細胞薬の国内製造販売の承認申請が遅延すると発表したサンバイオが売られたほか、メルカリGAテクノモダリスが下落した。BASEやGMO-FGHENNGEが上昇した。

日経ジャスダック平均株価も続落した。終値は前日比4円35銭(0.12%)安い3702円94銭だった。ジャスダック市場の売買代金は概算で603億円、売買高は1億1947万株だった。不二精機SEMTECワークマンが下落した。半面、ウエストHD出前館フェローテクは上昇した。

16日に東証マザーズ市場に新規上場したバルミューダは初値(3150円)を大きく上回って取引を終えた。終値は制限値幅の上限(ストップ高水準)である初値比700円(22.2%)高の3850円だった。

16日に東証マザーズ市場に新規上場したFFJは初値(3000円)を大きく上回って取引を終えた。初値比440円(14.7%)高の3440円だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン