/

新興株22日、マザーズ、ジャスダックともに続伸 IPO6銘柄が初値下回る

22日の新興企業向け株式市場で、東証マザーズ指数は大幅に続伸した。終値は前日比33.52ポイント(3.47%)高い998.60だった。前日に大幅上昇した日経平均株価がきょうも前日終値を挟んだ動きとなったことなどをきっかけに「地合いが改善したとみた個人が主力銘柄を中心に値ごろ感からの買いを入れた」(国内証券)との指摘があった。週内に新規株式公開(IPO)した銘柄の一角への見直し買いも目立った。

メルカリフロンテオフリーが上昇した。ステムリムリアルワルドCANBASが下落した。

22日に東証マザーズ市場に新規上場した6銘柄はいずれも前場で売買が成立した。公開価格を23%下回る990円で初値を付けたフィナHD(4419)は、午後も売り注文が膨らみ制限値幅の下限(ストップ安水準)にあたる初値比15.2%安の840円で配分された。

サインド(4256)、ザクー(4255)、サクシード(9256)、網屋(4258)も初値を下回って終えた。上場2日目のラバブルMG(9254)も売買が成立。午後は売り気配が続きストップ安水準で配分された。

一方、RJ(9522)は制限値幅の上限(ストップ高水準)にあたる初値比24.1%高で配分された。

日経ジャスダック平均株価は続伸した。終値は前日比20円80銭(0.55%)高い3813円49銭だった。ジャスダック市場の売買代金は概算で487億円、売買高は5678万株だった。

出前館やユニバーサル、ウエストHDが上昇した。半面、東映アニメハーモニックアンビスHDは下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン