/

新興株22日 ジャスダック、マザーズともに反発 半導体関連が高い

22日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は3営業日ぶりに反発した。終値は前週末比25円41銭(0.66%)高い3849円55銭だった。世界景気の回復期待から日経平均株価が反発するなか投資家心理が改善し、幅広い銘柄に買いが入った。

ジャスダック市場の売買代金は概算で673億円、売買高は2億3428万株だった。フェローテク東洋合成など半導体関連銘柄が上げた。プリント基板製造のメイコーも高かった。第3相臨床試験の結果を発表したシンバイオも大幅高。半面、東映アニメ出前館アンビスHDが下げた。

東証マザーズ指数は4営業日ぶりに反発した。終値は前週末比9.19ポイント(0.73%)高い1274.62だった。東証1部への市場変更を発表したラクスが大幅高。マネフォカイゼンも上昇。半面、BASEアンジェスエヌピーシーは下落した。

19日に東証マザーズ市場に新規上場したWACULは取引2日目のきょう、13時00分に公募・売り出し価格(公開価格、1050円)の約4.4倍の4645円で初値を付けた。終値は4495円だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン