/

新興株1日 マザーズ、ジャスダック反発 投資家心理が改善

1日の新興企業向け株式市場で、東証マザーズ指数は反発した。終値は前週末比24.01ポイント(2.17%)高い1131.09だった。10月31日投開票の衆院選で自民党が絶対安定多数を単独で確保したことで投資マインドが改善し、国内の新興市場でも買いが先行した。米長期金利の上昇一服も追い風だった。

市場では「投資家心理が改善し、個人投資家の物色が盛んだった」(国内証券の投資情報担当者)との指摘があった。メルカリやアスタリスク日本電解が上昇した。半面、フロンテオCINCセーフィーが下落した。

日経ジャスダック平均株価は反発した。終値は前週末比14円40銭(0.36%)高い3998円75銭だった。ジャスダック市場の売買代金は概算で540億円、売買高は9275万株だった。セプテニHDフェローテクが上昇した。ウエストHDは株式分割考慮後の上場来高値を更新した。半面、高度紙セリア、CAICAは下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン