/

新興株10日 反落 米ハイテク株軟調で一時3%安 日本電解が急落

10日の新興企業向け株式市場で、東証マザーズ指数は反落した。終値は前日比21.63ポイント(2.96%)安の708.97だった。前日の米国のハイテク株安の流れを受け、国内の新興IT(情報技術)株にも売りが広がった。日本時間10日夜の7月の米消費者物価指数(CPI)発表を前に持ち高調整売りが広がり、下落率が3%を超える場面があった。

東証グロース市場では、ジーエヌアイフリーそーせいが下げた。12時に今期業績見通しの引き下げを発表した日本電解が急落した。一方、JTOWERスパイダー、ブリッジは上昇した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン