/

新興株前引け マザーズ反落、ジャスダック続伸 メルカリに売り

19日午前の新興企業向け株式市場で東証マザーズ指数は反落した。前引けは前日比7.69ポイント(0.62%)安い1228.82だった。フリマアプリのメルカリは米国事業について「現地ライバル企業が配送サービスを強化するなどして逆風に見舞われている」と伝わり、嫌気した売りが膨らんだ。メルカリ単独で指数を約9ポイント下押しした。

BASEAIinsが下落したほか、2020年12月の全社売上高が前年同月比31.5%増だったと発表したラクスは利益確定売りに押された。

一方、野村証券が目標株価を大きく引き上げたSansanが買われた。今期最終損益の見通しを上方修正したトランスGには買いが集中し、気配値を制限値幅の上限(ストップ高水準)に切り上げた。

日経ジャスダック平均株価は続伸した。前引けは前日比10円39銭(0.28%)高い3788円46銭となった。米国の経済対策への期待から投資家心理が上向いており、買いがやや優勢だった。

ジャスダック市場の売買代金は概算で345億円、売買高は7747万株。アサカ理研不二精機マクドナルドが上昇した。半面、ウエストHD出前館ワークマンは下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン