/

新興株前引け ジャスダックとマザーズ反落、アイスコが初値

(更新)

8日午前の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は反落した。前引けは前日比13円65銭(0.35%)安い3940円14銭となった。国内での新型コロナウイルスの感染再拡大への懸念から投資家心理が弱気になっており、幅広い銘柄に売りが出た。

ジャスダック市場の売買代金は概算で445億円、売買高は9171万株。フェローテクシンバイオウエストHDが下落した。半面、ガーラセリアは上昇した。前期税引き利益が上振れした買取王国も買われた。

8日にジャスダック市場に上場したアイスコは公募・売り出し価格(公開価格、2000円)を900円(45%)上回る2900円で初値を付けた。

東証マザーズ指数も反落した。前引けは前日比4.78ポイント(0.39%)安い1223.23だった。AIinsBASEが下落したほか、3月の既存店売上高が前年同月で減少したNATTYには売りが出た。一方、JTOWERカイゼンPアンチエイは上昇した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン