/

新興株前引け ジャスダック反発、マザーズ続伸 新興大型株に買い

18日午前の新興企業向け株式市場で東証マザーズ指数は続伸した。前引けは前週末比13.09ポイント(1.08%)高い1230.60だった。IT(情報技術)関連銘柄などに買いが入っている。時価総額の大きい上位10銘柄が全面高となり、指数を押し上げている。

市場では「東証1部などの大型銘柄で決算発表を控え様子を見たいという動きがあるなか、長らく調整していた新興の大型銘柄の値ごろ感に着目した買いが入っているようだ」(国内証券の投資情報担当者)との声が聞かれた。マネフォSansanBASEが上昇した。一方で、TKPホープ、JIGSAWは下落した。

日経ジャスダック平均株価は小幅に反発した。前引けは前週末比7円(0.19%)高い3784円63銭となった。ジャスダック市場の売買代金は概算で337億円、売買高は6613万株。アサカ理研ウエストHDマクドナルドが上昇した。半面、出前館フェローテク不二精機は下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン