/

新興株前引け マザーズ4カ月ぶり高水準、ジャスダック反発 セルソースやステムリムに買い

16日午前の新興企業向け株式市場で東証マザーズ指数は続伸した。前引けは前日比22.44ポイント(1.71%)高い1336.74だった。一時は1340.38と、取引時間中としては2020年10月21日以来約4カ月ぶりの水準まで上げた。新型コロナウイルスワクチンの接種が進み、景気回復に向かうとの期待から投資家心理が上向いた。セルソースステムリムなど好材料が出た医薬品株も買いが目立った。

BASEメルカリエネチェンジが上昇した。一方、AIinsアンジェスITbookは下落した。

日経ジャスダック平均株価は反発した。前引けは前日比8円53銭(0.22%)高い3878円08銭となった。ジャスダック市場の売買代金は概算で422億円、売買高は1億5825万株。Eストアーフィスコフェローテクが上昇した。半面、シンバイオマクドナルド高度紙は下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン