/

新興株前引け マザーズとジャスダック続落、投資家心理が悪化

26日午前の新興企業向け株式市場で東証マザーズ指数は続落した。前引けは前日比13.67ポイント(1.20%)安い1124.61だった。南アフリカで新型コロナウイルスの変異ウイルスが検出されたと伝わり世界の経済活動の制限が強まるとの懸念から投資家心理が悪化した。

市場では「好材料が出た一部の銘柄は買われているが、個人投資家の様子見姿勢は強い」(立花証券の鎌田重俊企業調査部部長)との見方もあった。

アスタリスクメルカリが下落した。物流施設開発で三菱HCキャと合弁契約を結んだと発表した霞ヶ関Cが買われた。

日経ジャスダック平均株価は続落した。前引けは前日比39円11銭(0.98%)安い3947円44銭となった。

フェローテクウエストHDが下落した。半面、DWTIは制限値幅の上限(ストップ高水準)まで買われた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン