/

新興株前引け マザーズは反発、ジャスダックは続伸 アールプランは売買未成立

10日午前の新興企業向け株式市場で東証マザーズ指数は反発した。前引けは前日比18.64ポイント(1.47%)高い1283.10だった。先行き業績回復の期待から東証1部の景気敏感株などに投資家の視点が移っていたが、「個人投資家の資金は潤沢で、出遅れていた新興企業の銘柄に買いを入れている」(国内証券の投資情報担当者)との声があった。

きょうは大引け後にAIinsなどのマザーズ市場の主力銘柄の決算発表を控える。発表を前に先回りの買いも入っているようだ。メルカリJMDC、JIGSAWが上昇した。一方で、BASEやバルミューダJTOWERは下落した。

10日にマザーズ市場に上場したアールプランは買い注文が膨らみ、午前は取引が成立しなかった。前引け時点の気配値は3790円と、公開価格(2210円)を71%上回った。

日経ジャスダック平均株価は続伸した。前引けは前日比3円14銭(0.08%)高い3861円82銭となった。ジャスダック市場の売買代金は概算で422億円、売買高は1億6327万株。ワークマン不二精機ハーモニックが上昇した。半面、シンバイオマクドナルドウエストHDは下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン