/

東証大引け 反発、日銀緩和維持で一段高 好決算銘柄の上げ目立つ

(更新)

28日の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前日比461円27銭(1.75%)高の2万6847円90銭で終えた。好決算銘柄を中心に買われた。日銀が大規模な金融緩和策の維持を決めると発表し、外国為替市場で円安・ドル高が進むと、輸出関連銘柄を中心に買いが入り、午後に上げ幅を拡大した。売り方の買い戻しも相場を押し上げた。

日銀は27~28日に開いた金融政策決定会合で、大規模な緩和策の維持を決めた。長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)の方針をめぐっては金利変動幅を柔軟にするとの見方も事前にあったため、会合結果発表後に円売り・ドル買いが加速した。株式市場では輸出採算が改善するとの思惑から、自動車や機械といった輸出関連株に買いが集まった。

前日には日経平均が2万6000円台前半に下落し、値ごろ感がでたと見られた銘柄に買いが入った。連休を控えていることもあって、午後には売り方の買い戻しも入り、全体相場を押し上げた。

中国で新型コロナウイルスの感染拡大が一服してきたとの見方から中国経済の減速への過度な警戒が和らぎ、景気敏感株の支援材料となった。朝方には主力値がさ株の一部が売られ、日経平均が下落する場面があった。

前日に好決算を発表した銘柄にも買いが入った。デンソージェイテクトは28日の取引時間中に決算を発表すると上げ幅を広げた。半面、昼休み中に決算を発表した商船三井は午後に下落に転じた。郵船川崎汽船も連れて下げた。

日経平均は月間では973円下落した。月間での下落は2カ月ぶりで、下げ幅は1月(1789円)以来の大きさだった。

東証株価指数(TOPIX)は反発した。終値は前日比38.86ポイント(2.09%)高の1899.62だった。

東証プライムの売買代金は概算で3兆4114億円。売買高は13億8363万株だった。東証プライムの値上がり銘柄数は1503と、全体の約8割を占めた。値下がりは295、変わらずは40だった。

フジクラは15%高だった。アドテストTDK信越化キーエンスが上昇。ファナックトヨタ三井化学も買われた。一方、日立建機エムスリーファストリが下落した。任天堂三越伊勢丹JR西日本も安かった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン