/

東証大引け 続伸し50円高 対ロ制裁の反応限定

28日の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前週末比50円32銭(0.19%)高の2万6526円82銭で終えた。週末のウクライナ情勢をめぐる混迷の深まりが相場の重荷となったが、ウクライナとロシアの停戦協議を控えて買いも入った。

前週末の終値を挟む神経質な展開が続いた。ウクライナ侵攻を受けて、米欧諸国は26日に国際銀行間通信協会(SWIFT)の決済網からロシアの一部銀行を締め出す方針を打ち出した。日本も27日に参加を表明した。主要国が相次いでロシアに対する追加の経済制裁に動いて世界景気への影響が警戒され、日経平均の下げ幅は一時200円を超えた。

午後にはベラルーシがロシアを支援するために、早ければ28日にもウクライナに派兵する準備を進めていると伝わり、株売りを促す場面もあった。

しかし前週末終値を下回る水準では見直し買いも入った。日本時間28日午後に予定されるウクライナとロシアの停戦協議の結果を見極めたいと、持ち高を一方向に傾ける動きは限られた。市場ではロシアのSWIFTからの排除について「現時点では一部の銀行に限られ実効性は高くない」(国内証券のストラテジスト)との指摘もあった。

東証株価指数(TOPIX)は続伸し、前週末比10.69ポイント(0.57%)高の1886.93で終えた。JPX日経インデックス400も続伸した。

東証1部の売買代金は概算で3兆4497億円。株価指数を算出する米MSCIによる指数構成銘柄の見直しに伴う売買があった。売買高は14億4822万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1732と、全体の約8割を占めた。値下がりは400銘柄、変わらずは47銘柄だった。

郵船川崎汽が買われたほか、日本製鉄JFEも上昇した。住友鉱大平金も高い。半面、三井物JT日産自が下げた。京王小田急も売られた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン