/

東証大引け 反落 戻り売り出やすく、医薬品株が支えに

8日の東京株式市場で日経平均株価は反落し、前日比55円68銭(0.19%)安の2万8963円56銭で終えた。医薬品株の物色が活発化して上昇で始まったものの、心理的な節目の2万9000円を超えた水準では上値の重さが意識され、次第に利益確定などを目的とした売りに押された。

日経平均は朝方には上げ幅を120円にまで広げたが、買いは続かなかった。チャート上で75日移動平均(8日時点、2万9183円)が上値抵抗とみなされやすいうえ「2万9100円台は今年に入ってからの信用買いの平均コスト水準のため、戻り待ちの売りが出やすい」(みずほ証券の三浦豊シニアテクニカルアナリスト)との指摘もあった。

一方で下値も堅かった。米食品医薬品局(FDA)から認知症の治療薬候補が承認されたエーザイに買いが殺到し、ほかの医薬品株にも資金が向かった。

新型コロナウイルスワクチンを巡って大学や職場での接種を目指す動きが広がりを見せており、経済活動の正常化期待も相場を支えた。

JPX日経インデックス400は続伸。終値は前日比8.19ポイント(0.05%)高の1万7715.13だった。東証株価指数(TOPIX)は6日続伸し、1.80ポイント(0.09%)高の1962.65で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆1864億円。売買高は9億2866万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は692、値上がりは1399、変わらずは102だった。

住友鉱ダイキンが下げたほか、王子HD鹿島も安い。半面、第一三共ディーエヌエ郵船が高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン