/

東証大引け 3日ぶり反落、520円安 中銀の緩和縮小を意識

17日の東京株式市場で日経平均株価は3日ぶりに反落し、前日比520円64銭(1.79%)安の2万8545円68銭で終えた。前日の米ハイテク株安で投資家心理がやや悪化するなか、米連邦準備理事会(FRB)などによる金融緩和の縮小が過剰流動性相場の変調につながるとみた売りが相場を押し下げた。

日経平均は午後に入って下げ幅を拡大した。FRBが15日に量的緩和縮小(テーパリング)加速を決めたのに続き、欧州中央銀行(ECB)は16日に開いた理事会でコロナ危機で導入した緊急買い取り制度による新規資産購入を2022年3月末で打ち切ると決めた。日銀も17日の金融政策決定会合で、コロナ禍に対応した資金繰り支援策の縮小を決めた。各国中央銀行の姿勢が緩和縮小に前向きな「タカ派寄り」になってきているとの受け止めから、株価指数先物に売りが広がった。一方、自動車株や商社株などには買いが入り、相場を支えた。

JPX日経インデックス400は3日ぶりに反落した。終値は前日比258.89ポイント(1.42%)安の1万7934.90だった。東証株価指数(TOPIX)も3日ぶりに反落し、28.61ポイント(1.42%)安の1984.47で終えた。

東証1部の売買代金は概算で3兆3804億円。売買高は14億4002万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1635と、全体の約7割を占めた。値上がりは451、変わらずは98銘柄だった。

東エレクソフトバンクグループ(SBG)、ファストリダイキンアドテストが下落した。一方、セブン&アイ、エプソン、三井物SUBARUが上昇した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン