/

東証大引け 3日ぶり反発し327円高 値がさに買い戻し

7日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに反発し、前週末比327円90銭(1.21%)高の2万7527円64銭で終えた。前週末の米株式相場の上昇を受けて日本株にも買い戻しが優勢だった。東エレクファストリなど値がさ株がけん引した。

前週末に発表された10月の米雇用統計が米金融引き締めへの警戒感を一層強める内容ではなかったとの受け止めが短期筋の買いを誘った。日経平均は上げ幅を400円近くまで広げる場面もあった。ただ、きょうの上昇については「前週末に下落した反動による買い戻しの域を出ていない」という見方もあり、上値では戻り待ちの売りも出やすかった。決算内容が振るわなかった銘柄の下げや、百貨店株の下落も目立った。

東証株価指数(TOPIX)は反発し、前週末比18.69ポイント(0.98%)高の1934.09で終えた。

東証プライムの売買代金は概算で2兆9125億円。売買高は12億3359万株だった。東証プライムの値上がり銘柄数は1298と、全体の約7割だった。値下がりは474、変わらずは65銘柄だった。

ダイキンアドテストテルモオリンパスが上昇した。一方、キッコマン協和キリンリコー帝人三越伊勢丹が下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません