/

東証大引け 5日ぶり反発 一時30年ぶり高値 米上院決選投票で民主勝利

7日の東京株式市場で日経平均株価は5日ぶりに反発し、前日比434円19銭(1.6%)高の2万7490円13銭で終えた。上げ幅は一時500円を超えて2万7600円台前半まで上昇し、取引時間中として1990年8月以来およそ30年5カ月ぶりの高値となった。日本時間7日早朝に米ジョージア州の上院決選投票の結果、大統領、上下院の多数派を民主党が占める「トリプルブルー」が実現する見通しだと伝わった。大型の経済対策による景気回復期待が高まり景気敏感株を中心に買いが入った。

相場全体が上昇するなか、出遅れていたバリュー(割安)株に広く物色が入った。市場では「トリプルブルーが実現すれば規制強化などを嫌気した株安になると想定していた投資家も少なくない。米国株の上昇を受けて売り方の買い戻しが入り、相場上昇を加速させた」(国内証券)との声があった。

午後に東京都の新型コロナウイルスの新規感染者数が2000人を超えたと伝わると、空運株などには利益確定売りが出て日経平均は上げ幅をやや縮小した。

JPX日経インデックス400は続伸。終値は前日比299.99ポイント(1.85%)高の1万6557.59だった。終値として2018年1月以来、約3年ぶりの高値。東証株価指数(TOPIX)も続伸。前日比30.12ポイント(1.68%)高の1826.30で、18年2月以来、約2年11カ月ぶりの高値を付けた。

東証1部の売買代金は概算で2兆9990億円。売買高は15億1372万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1664と、全体の約8割弱を占めた。値下がりは445銘柄、変わらずは77銘柄だった。

第一生命HDT&D三井住友FG大和など金融株が高かった。日本製鉄JFEも大幅高。一方、ソフトバンクグループが売られた。ZHDコナミHDネクソンが軟調だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン