/

東証大引け 昨年来安値を更新 FOMC控え、米金融政策に警戒感

26日の東京株式市場で日経平均株価は続落し、前日比120円01銭(0.44%)安の2万7011円33銭で終えた。2021年8月20日に付けた直近安値を下回り、20年12月28日(2万6854円)以来およそ1年1カ月ぶりの水準に下落した。米連邦準備理事会(FRB)が日本時間27日に米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を公表する。米金融の引き締めに積極的な姿勢が示されるのではないかとの警戒感が日本株の売りを誘った。

日経平均は一日を通じて神経質な動きだった。前日の米ハイテク株安を受けて前場に一時250円超下落した。その後は米株価指数先物が持ち直したのを支えに、直近で売られていた銘柄を中心に買いが入った。半導体関連ではアドテストレーザーテクの買いが優勢だった。もっとも、FOMCの結果発表を控えて様子見ムードも広がりやすく、短期的な売買が主導したという見方も多かった。

東証株価指数(TOPIX)は続落し、4.77ポイント(0.25%)安の1891.85で終えた。JPX日経インデックス400も続落した。

東証1部の売買代金は概算で2兆6676億円。売買高は10億3347万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1160と、全体の約5割だった。値上がりは917、変わらずは107銘柄だった。

ファナックKDDI東エレクファストリTDKが下落した。一方、ソフトバンクグループ(SBG)、スズキ任天堂ソニーGが上昇した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら初回2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン