/

東証大引け 小幅反発 半導体関連の上昇が支え

26日の東京株式市場で日経平均株価は小幅反発し、前日比17円49銭(0.06%)高の2万7742円29銭で終えた。半導体関連の一角などが上昇し、買いがやや優勢だった。ただ、国内経済の停滞感や、米国の重要イベントを前にした様子見ムードから積極的な売買を手控える投資家が多かった。前日の米株式相場の上昇を支えに朝方に100円程度上昇した後は上値余地が広がらなかった。

東エレクアドテストといった半導体関連の一角に買いが入り相場を支えた。空運や鉄道などには新型コロナウイルスのワクチン普及期待を先取りした買いも入った。軟調に推移した香港ハンセン指数や上海総合指数と比べると日経平均は底堅さも見られた。

米国では27日に経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)を控える。テーパリング(量的金融緩和の縮小)開始の時期などを見極めようとする投資家は多い。国内経済の停滞感が長期化するという懸念もあり、取引時間中は小幅安で推移する場面も目立った。午後に入ると相場は膠着感を強めた。

JPX日経インデックス400は1万7429.40と前日から横ばいだった。東証株価指数(TOPIX)は小幅に反落し、0.31ポイント(0.02%)安の1935.35で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆60億円と低調だった。売買高は8億6075万株と約1カ月半ぶりの低水準だった。東証1部の値上がり銘柄数は1260と、全体の約6割だった。値下がりは826、変わらずは103銘柄だった。

NTTデータキッコマンバンナムHDが上昇した。一方、ファナックリクルートソニーGセブン&アイが下落した。郵船も下げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン