/

東証大引け 小幅続伸、1カ月半ぶり高値 業績期待が支え

16日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に4日続伸し、前日比31円32銭(0.11%)高の2万9808円12銭で終えた。終値としては9月28日以来、約1カ月半ぶりの高水準。金利上昇が追い風になりやすい保険株などの上昇が相場を支えた。半面、節目の3万円近辺では主力銘柄に目先の利益を確定する売りが出て、相場の上値を抑えた。

保険や自動車など景気敏感株の上昇が目立った。米長期金利の上昇に加えて、業績の先行き期待が買いを後押しした。金利の上昇局面で売られやすいとされるハイテク株のなかでも東エレクなど収益期待の高い銘柄は持ち直すなど底堅さを発揮した。

バイデン米大統領と中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が16日開いたオンライン形式の首脳協議は、対話を維持する重要性が示されるなど、波乱なく通過したとの受け止めが多かった。香港ハンセン指数などアジア株が強含む場面では日本株にも株価指数先物主導で買いが強まった。

JPX日経インデックス400は小幅に4日続伸した。終値は前日比12.28ポイント(0.07%)高の1万8472.36だった。東証株価指数(TOPIX)も4日続伸し、2.31ポイント(0.11%)高の2050.83で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆7093億円。売買高は11億9059万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は890と、全体の約4割だった。値下がりは1189、変わらずは104銘柄だった。

ソフトバンクグループ(SBG)、ネクソンソニーGアドテストが上昇した。一方、リクルートNTTデータファナックエムスリーが下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン