/

東証大引け 4日続伸 ハイテク株が支え、緊急事態宣言の延長観測が上値抑える

25日の東京株式市場で日経平均株価は4日続伸し、前日比189円37銭(0.67%)高の2万8553円98銭で終えた。900円を超える大幅な下げとなった11日以来、2週ぶりの高値水準。前日の米株式市場で主要3指数が上昇し、投資家心理が上向いた。米市場でハイテク株を中心に買われた流れを受け、半導体関連などハイテク株の一角に買いが優勢だった。グローバルな経済正常化の期待も日本株を支える材料となった。

朝方から日本株には買いが先行した。米国務省が24日、米国民に対し日本への渡航を中止するよう勧告したものの、投資家心理を大きく後退させる材料にはならなかった。国内での新型コロナウイルスの新規感染者数の増加抑制やワクチン接種の進展が期待されていることなどから、出遅れている日本株の買い場とみた投資家の買いが入ったとの見方があった。上げ幅は200円を超える場面もあった。

もっとも、2万8500円台の水準では戻り待ちの売りや利益確定の売りが出て伸び悩んだ。東京都などで31日までを期限とする新型コロナ対応の緊急事態宣言が延長されるとの観測も重荷となり、上値を追う動きは限られた。業種別日経平均の騰落率では、前日に大幅高となった海運の下げが目立った。陸運や空運なども下げ、景気敏感株の一角に売りが出た。

JPX日経インデックス400は3日続伸。終値は前日比68.59ポイント(0.40%)高の1万7332.61だった。東証株価指数(TOPIX)は4日続伸し、6.48ポイント(0.34%)高の1919.52と10日以来約2週ぶり高値で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆2039億円。売買高は9億9296万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は698と、全体の3割程度にとどまった。値下がりは1417、変わらずは77銘柄だった。

コナミHDは4%超上がった。神戸鋼日製鋼が上昇した。東エレクレーザーテクソフトバンクグループも買われた。一方、T&Dが下落。日ハム東ソーユニチカが売られた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン