/

東証大引け 反発、成長株に買い 売買代金は1月以来の低水準

(更新)

14日の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前週末比213円07銭(0.74%)高の2万9161円80銭で終えた。前週末の米株高を好感し買いが先行した。新型コロナウイルスのワクチン接種が進み、国内の経済活動が正常化に向かうとの観測も支援材料となった。米長期金利が足元で低下傾向にあるのを受け、高PER(株価収益率)のグロース(成長)株に見直し買いが入った。

国内ではワクチンの職場接種の開始が一部で前倒しされるなど、接種が一段と広がる兆しがある。東京や大阪など10都道府県を対象にした緊急事態宣言の期限を20日に迎え、宣言が解除されれば国内経済が再び動き出すとの見方が日本株の買いを誘った。

13日に閉幕した主要7カ国主要会議(G7サミット)では、新型コロナ対策を巡り、途上国への10億回分のワクチン提供に合意し、2022年には世界的な感染を収束させる目標を掲げた。東京五輪・パラリンピックについては「安全、安心な形での開催を支持する」と表明し、前向きに捉える向きも見られた。

もっとも、アジアの株式市場は中国や台湾が休場で、積極的に売り買いをしにくいムードもあった。持ち高を一方向に傾ける動きは限られ、薄商いだった。東証1部の売買代金は概算で1兆9646億円と、2兆円を割り込み1月18日以来の低水準。売買高は8億5423万株だった。

JPX日経インデックス400は4営業日ぶりに反発した。東証株価指数(TOPIX)も4日ぶりに反発し、5.73ポイント(0.29%)高の1959.75で終えた。東証1部の値上がり銘柄数は1109と、全体の約5割を占めた。値下がりは972、変わらずは113だった。

エムスリーが上昇した。太陽誘電ファナックも高かった。ファストリも買われた。一方、清水建が5%超下落した。バンナムHDコナミHDも売られた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン